旅人生

アジア中心のおっさんパッカーの旅日記です。

旅人生 イメージ画像

更新情報

モンゴルでよく聞いた印象に残ったモンゴル語を並べていきます(順てきとう)。「バイノー?」携帯で電話している人が言っています。直訳すると「いる?」つまり「もしもし」のことです。日本語でもチャットではこういうふうな呼びかけするけどモンゴルでは電話でもするよう

ハラホリンにいくことにした。ハラホリンとはかつてモンゴル帝国の首都であるカラコルムあったところである。ウランバートルから近いのでモンゴルでは結構メジャーな観光地のひとつだ。ハラホリンまで行くバスはソンギノハイルハンバスターミナルから乗る。市内中心部から西
『2015年8月1日 ハラホリンへ 』の画像

朝ゆっくり起きてウランバートルを観光する。ゲストハウスは市内の中心にあり市内観光には便利だ。近くにたぶんモンゴルで一番大きいデパートであるノミンデパートがある。まあ、おみやげ買いたいならここで買うのがいいだろう。ちょっとやばそうな服屋を発見。子供服を展示
『2015年7月31日 ウランバートル観光』の画像

2泊3日のバス旅。むちゃすんなよと言いたい。途中での食事は大体こんなところで食事をする。まるで西部劇に出てくる町のようだ。食べるものはポーズという羊肉の天津パオズみたいなのか羊肉のラーメンのようなもぐらいしかない。だんだん飽きてくるが仕方が無い。トイレ休
『2015年7月30日 ウランバートル到着』の画像

バスでウランバートルへ。道は意外と揺れが少ない。まあ、ほとんどまっすぐだからね。坂を上ったり降りたり曲がったりすることはほとんどない。ただ町から離れて舗装されていない道になると上下に揺れる。バスは夜になっても走る。運転手は交代で運転しているようだ。そして

↑このページのトップヘ